社団法人東京慈恵会医科大学 同窓会

 
会長挨拶
同窓会概要
同窓会の歴史
定款
同窓会振興基金
個人情報保護・管理
広報委員会規程
同窓会現況
管理部門報告
事業部門報告
お知らせ
通常総会
定期支部長会議
役員紹介
本部より
年間行事予定
会費/広報
住所変更届
連絡先・アクセスマップ



トップページ

同窓会トップ > 最新情報

最新情報
 
2017年05月25日 第63回同窓会通常総会開催
平成29年度事業計画・予算決まる


 第63回同窓会通常総会が平成29年5月20日(土)午後4時半より慈恵大学高木会館5階B会議室において開催された。総合司会の眥様瞭麝事(昭61)が開会を宣言し、恒例である慈恵の歌斉唱に続き、物故会員77名の氏名を本間紀子理事(看平8)より読み上げ、高橋紀久雄会長(昭45)のもと全員で黙祷を捧げた。今回の総会では、平成28年度事業報告・決算報告ならびに平成29年度事業計画・予算案・医学部新卒業生の同窓会費納入方法の変更についての議案が上程され、すべての議案が原案通り承認された。

【会長挨拶】
 出席された会員に対しての御礼に続き、熊本地震で被災し甚大な被害を受けた同窓の一日も早い復興を祈願し、新執行部発足から1年が経過し会務が順調に経過している事は会員の理解と協力、支援の賜物であると謝辞を述べた。また、大学西新橋再整備計画の順調な進捗に向け、同窓会と大学の結束を更に強固にすべく、会員の支援をお願いした。
【理事長挨拶】 
 栗原敏理事長(昭46)は法人全体の事業概要について述べ、引き続き法令遵守の徹底と内部統制の強化を挙げた。本学の現状と展望では、患者サービスや医療従事者のマナーの向上、医療連携の強化、広報活動の充実を挙げた。西新橋キャンパス再整備事業は順調に経過し新大学2号館は本年6月末には完成予定であると報告した。
【学長挨拶】  
 松藤千弥学長(昭58)は学事について述べ、医学科では卒前に卒業時OSCEの実施、看護学科では地域医療連携の推進を図る教育の実施、国際交流の強化を挙げた。卒後教育では、医療倫理マナーの向上、学位審査の厳格化を述べた。また、研究環境の整備についても詳細な説明があり話は多岐にわたった。(理事長、学長挨拶次号全文掲載)
【議 事】  
 小沼康男理事(平元)から総会の成立が宣言され、会則により高橋会長が議長を務め、議事録署名人に佐々木優至君(昭45)朝倉真奈美君(看平10)を指名し、議事に入った。
[報告事項]
 平成28年度事業報告について、管理部門では総務を眥様事、会員・組織管理および会員名簿の整備・発行を江本秀斗理事(昭54)、財務を佐藤俊介理事(昭53)が報告、事業部門では広報を武石昌則理事(昭56)、振興資金を佐藤理事、学術を睫攘瓢依事(昭48)が報告した。また佐藤理事より、熊本震災における災害見舞金・義援金について詳細な報告があった。
[審議事項]
 平成28年度決算報告は佐藤理事より行われ、当期剰余金は546万円で正味財産は1億5600万円余であった。戸谷修二監事(昭35)の監査報告の後、審議の結果満場一致で承認された。
 平成29年度の事業計画案は高塚理事より、特に新規事業として島田千恵子理事(昭62)より本学の「女性医師キャリア支援室」の広報活動を中心として支援する事、江本理事より慈恵医大同窓会歴史遺産保存事業について説明があった。医学部新卒業生の同窓会費納入方法の変更について高橋会長から理事会において同窓会費納入率の向上を図る為、新卒業生より卒業時に10年分を一括納入に変更する事に決定したと報告があった。
 予算案は佐藤理事より詳細な説明があり、質疑を諮るも異議はなく事業計画案、同窓会費納入方法の変更、予算案ともに満場一致で承認された。
【その他】
 高橋会長より、赤羽清彬同窓会評議員会議長(昭45)の慈恵大学評議員会議長就任に伴い、新たに同窓会評議員会議長に大政良二評議員(昭53)副議長に副島道正評議員(昭55)が選出された件につき報告がなされた。
【大学からの報告】
 睫攘瓢安膤慇賁獲事より創立130年記念事業募金への謝辞と報告があった。本年3月まで15億1300万円余りの受付があり、目標額20億円に対して達成率は76%、引き続き会員諸氏のご協力をお願いしたいと報告した。また、平成29年7月1日に開催される「中央講堂お別れ会」に多数の同窓の参加を期待していると述べた。
閉会および懇親会
 穎川一信副会長(昭54)の閉会の挨拶の後、会場を東急REIホテルに移し懇親会が行われ、理事長、学長はじめ多くの同窓が参加され和やかな歓談が続いた。
(小沼)










copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.