社団法人東京慈恵会医科大学 同窓会

 
会長挨拶
同窓会概要
同窓会の歴史
定款
同窓会振興基金
個人情報保護・管理
広報委員会規程
同窓会現況
管理部門報告
事業部門報告
お知らせ
通常総会
定期支部長会議
役員紹介
本部より
年間行事予定
会費/広報
住所変更届
連絡先・アクセスマップ



トップページ

同窓会トップ > 最新情報

最新情報
 
2017年07月25日 夏季セミナー2 頭痛をきたす眼科緊急疾患
眼科 敷島 敬悟


 眼球は外部に露出した重要臓器のため、痛みに対して鋭敏な組織で、眼痛・頭痛をもたらす眼疾患は多種多様に及ぶ。また、視機能に関連する脳神経は多く、視力低下や複視等の眼症状で発症する頭痛を伴う頭蓋内疾患は多く存在する。このため、頭痛・眼痛を伴う眼疾患に対して早期の適切な診断加療は失明予防、さらに、生命予後に大いに関わってくる。
 今回の講演では、まず、頭痛を伴う眼疾患として国際頭痛分類で取り上げられている、急性緑内障、屈折異常、斜位もしくは斜視、眼球炎症性疾患、眼窩滑車部炎を紹介し、緊急性疾患を中心に概説する。つづいて、頭蓋内疾患と関連が深い、頭痛を伴う神経眼科疾患として、視神経炎、動脈炎性虚血性視神経症、うっ血乳頭、動脈瘤による動眼神経麻痺、虚血性眼球運動神経麻痺、帯状疱疹に伴う複合眼球運動神経麻痺、眼窩炎症などの診断と加療について最近のトピックスを交えて解説する。










copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.