社団法人東京慈恵会医科大学 同窓会

 
会長挨拶
同窓会概要
同窓会の歴史
定款
同窓会振興基金
個人情報保護・管理
広報委員会規程
同窓会現況
管理部門報告
事業部門報告
お知らせ
通常総会
定期支部長会議
役員紹介
本部より
年間行事予定
会費/広報
住所変更届
連絡先・アクセスマップ



トップページ

同窓会トップ > 最新情報

最新情報
 
2017年07月25日 夏季セミナー3 めまいをきたす代表的な内耳疾患
耳鼻咽喉科 近澤 仁志


 めまいをきたす内耳疾患の中で、日常の臨床で遭遇する頻度の高い疾患として良性発作性頭位めまい症(BPPV)やメニエール病などが挙げられる。そして近年の高齢化社会において、これらの疾患は増加傾向である。BPPVの病態は耳石器障害であり、剥離した耳石の半規管内への迷入により発症する。特定の頭位により誘発される数秒から数十秒程度の回転性めまい発作のみが出現するのが特徴である。
 三半規管の中で主に後半規管への耳石の迷入症例が多いが、外側半規管に迷入している症例も少なくない。BPPVには主な3タイプの病態が存在し、眼振検査での特異的な眼振所見を確認することでその診断がなされる。
 一方、メニエール病の病態は内耳の内リンパ水腫であり、発症の原因として精神的・肉体的ストレスや環境要因などが関与する。難聴、耳鳴、耳閉感などの聴覚症状を伴う回転性めまい発作を反復するのが特徴である。これら各疾患の診断から治療について、実際の眼振所見の動画も供覧し、解説したい。










copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.