社団法人東京慈恵会医科大学 同窓会

 
会長挨拶
同窓会概要
同窓会の歴史
定款
同窓会振興基金
個人情報保護・管理
広報委員会規程
同窓会現況
管理部門報告
事業部門報告
お知らせ
通常総会
定期支部長会議
役員紹介
本部より
年間行事予定
会費/広報
住所変更届
連絡先・アクセスマップ



トップページ

同窓会トップ > 最新情報

最新情報
 
2018年09月25日 第135回成医会総会プログラム

10月11日(木)・12日(金)開催概要

 一日目の特別講演は、 崕刃の剣としての必須微量元素―亜鉛」柳澤裕之教授(環境保健医学講座)[座長淺沼一成客員教授]、◆崑荵杏賊,砲ける法医解剖の現状」岩楯公晴教授(法医学講座)[座長羽野寛名誉教授]。
 シンポジウムは、大学全体でブランドを見直している現状を踏まえ「『慈恵医大ブランド』を再考する」を取り上げた。司会は頴川晋教授(泌尿器科学講座)、近藤一博教授(ウイルス学講座)。 屮屮薀鵐匹賄租と未来を語る〜内外の事例にみるブランド=“顧客との約束”と“心髄の表現”」京ヶ島弥生先生(有限会社フロスヴィータ代表取締役)。◆崑膤悗肇屮薀鵐妊ング 私の視点〜ロックフェラー大学、名古屋大学の経験をもとに」雜道成先生(国立研究開発法人科学技術振興機構 理事長)。「慈恵医大のブランド―教育・診療」宇都宮一典教授(糖尿病・代謝・内分泌内科)。ぁ峪恵医大のブランド―研究」岡部正隆教授(解剖学講座(組織・発生))。チ躪臚は澄

 二日目は、「海外研究員の成果報告」土橋昭助教(内視鏡科)[座長南沢享教授]。宿題報告 崑綣媼栖気領彎欧北鯲つ体組成研究」佐々木敬教授(臨床医学研究所)[座長多田紀夫客員教授]、◆屮薀ぅ愁勝璽猊造琉篥岨匱N屠,粒発」大橋十也教授(遺伝子治療研究部)[座長衞藤義勝名誉教授]、「鼠径部ヘルニアに対する術式の変遷と今後の展望」吉田和彦教授(消化器外科)[座長穴澤貞夫客員教授]、ぁ崙饉4發任△諛拘發紡个垢觝挧ξ屠 阻楹惻臚海寮菴憤緡鼎粒発にむけて〜」小井戸薫雄准教授(消化器・肝臓内科)[座長戸田剛太郎客員教授]。
 パネルディスカッションは、「医療現場における働き方を考える」を取り上げた。司会は柳澤裕之教授(環境保健医学講座)、井田博幸教授(小児科学講座)。 屬覆失“働き方改革”なのか―本質的な働き方改革について考える―」大西友美子先生(株式会社ワーク・ライフバランスWLBコンサルタント)、◆嵒賊.汽ぅ匹ら考える働き方改革―医師の労働管理の現状と今後の課題―」川井真准教授(循環器内科学講座)、「これからの病院マネージメントによる働き方改革―医師事務作業補助者の活用―」横井由紀枝課長(附属病院事務部業務課)、ぁ崋禺螳綮佞らみた働き方改革―業務の効率化と技能習得―」阿久津泰伴助教(耳鼻咽喉科学講座)、ァ崙き方改革の今―主役が輝くための慈恵品質の就労支援とは―」石川智久准教授(患者支援・医療連携センター)、Α嵜誉犬梁臺儡拘の生き方と支え方」宮城久仁子師長(看護部)Я躪臚は澄(注終了後、高木2号館地下一階カフェテリアリーベにて懇親会開催)。

 一般演題(示説)は、両日にわたり大学1号館学事課前のロビーにて展示される。基礎系、臨床系だけではなく、学生、パラメディカルスタッフからの発表がなされる(上位三示説には、十月十一日に2号館三階B会議室で開催される成医会評議員会で会長より優秀賞が授与される)。実り多い成医会である。多くの方々(学生、パラメディカルの方を含む)の積極的な参加をお願いしたい。
 (成医会運営委員長 柳澤裕之記)










copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.