社団法人東京慈恵会医科大学 同窓会

 
会長挨拶
同窓会概要
同窓会の歴史
定款
同窓会振興基金
個人情報保護・管理
広報委員会規程
同窓会現況
管理部門報告
事業部門報告
お知らせ
通常総会
定期支部長会議
役員紹介
本部より
年間行事予定
会費/広報
住所変更届
連絡先・アクセスマップ



トップページ

同窓会トップ > 最新情報

最新情報
 
2018年11月25日 大学招待卒業50周年記念懇親会開催される(今年は昭和43年卒業生)

 恒例の大学招待による卒業50周年記念懇親会が平成30年10月20日(土)、東京プリンスホテル・マグノリアホールにて開催された。今年は、昭和43年卒業生79名が招待され、出席者は同窓61名、同伴者19名、大学側からは10名の総勢90名であった。
 懇親会に先立ち、栗原敏理事長・松藤千弥学長を囲んでの記念撮影が行なわれ、撮影終了後、谷口郁夫専務理事司会のもと、松藤学長より大学の現況と今後の展望について報告が行われた。「本学は、高木兼寛先生の創立理念をふまえ、国民から信頼される医療の実践と高い総合診療能力を持った優秀な人材の確保等を行っていく必要がある。それらの実現に向けて、卒前・卒後教育の改善と充実、大学院の改革、研究の活性化等を推進し、建学の精神を受け継ぐ医療人・教育者・研究者を育成する大学と優れた教育・研究と良質の医療を提供できる附属病院を確立するとともに、将来に向けて、世界で活躍できる医療人を育成する医科大学・特色ある診療・堅調な財務体制を目指していきたい」との説明があった。
 また、新たな事業として、西新橋キャンパス再整備計画等の将来構想が説明され、引き続き同窓の皆様のご理解とご協力をお願いしたい旨の挨拶があった。
 その後、谷口専務理事司会のもと、懇親会に移り、松藤学長から改めて挨拶があり、卒業50周年を迎えられたお祝いと、これまで大学に様々な面でご支援いただいたことに感謝の意が述べられた。次いで、大学側の出席者(栗原理事長、松藤学長、谷口専務理事、高橋紀久雄理事・同窓会会長、丸毛啓史理事、吉田和彦理事、秋葉直志理事、山本裕康参事、盒饗Щ厖事、加藤一人理事)が紹介された。昭和43年卒業生を代表して、阿部祐二君からご挨拶があった。再会できた喜びと、大学に対し、招待への謝辞が述べられた。引き続き、昭和43年卒業生からの創立130年記念事業募金への寄附に対し、松藤学長より山口陽君に感謝状が贈呈された。
 その後、栗原理事長の挨拶と乾杯のご発声により、歓談に入った。会場では学生時代の思い出話や近況報告、大学側出席者との懇談など、終始なごやかな雰囲気の中、楽しいひとときを過ごされ、終宴を惜しみつつ、閉会となった。なお、大学からは小冊子「高木兼寛の生涯」、「事業報告」、「創立130年記念リーフレット」などと、卒業50周年を記念しての「ペナント」が贈られた。










copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.