社団法人東京慈恵会医科大学 同窓会

 
会長挨拶
同窓会概要
同窓会の歴史
定款
同窓会振興基金
個人情報保護・管理
広報委員会規程
同窓会現況
管理部門報告
事業部門報告
お知らせ
通常総会
定期支部長会議
役員紹介
本部より
年間行事予定
会費/広報
住所変更届
連絡先・アクセスマップ



トップページ

同窓会トップ > 最新情報

最新情報
 
2019年04月25日 高木兼寛顕彰会(お知らせ)

 今年は高木兼寛先生生誕170年の節目に当たる年である。会員の皆様、学生諸君、保護者の皆様、高木兼寛顕彰会をご存じでしょうか。今年も顕彰会だより(第23号)が中山芳害馗垢痢峽鶸伽萓犬畔蠱い量髻廚隆頭言と共に一月に届いた。新入生の皆さんにもこの機会に高木兼寛顕彰会を承知していただききたい。
 高木兼寛顕彰会は平成11年3月27日に、生誕の地宮崎県宮崎市高岡町にて、高木兼寛先生の偉業を顕彰し、その精神を後世に伝え残すことを目的として設立された。初代名誉顧問は岡村哲夫元学長であり、歴代の東京慈恵会医科大学学長が名誉顧問を務め、現在は松藤千弥学長が名誉顧問である。現在の会長は元高岡町教育長の中山芳鎧瓩任△蝓¬祥晴馗垢妨揺濱亀楮蟷堋垢おられる。事務局は宮崎県宮崎市高岡町五町363番地3。
 平成二十五年に日本の南極大陸地図に「高木岬」の地名が初めてに明記された(慈大新聞第706号、第721号)。これは高木兼寛顕彰会の長年にわたるご尽力と働きかけによる活動の賜物である。
 毎年慈恵から学生が顕彰会主催の「穆園先生ふるさとの旅」に招聘され、平成30年10月に医学科4年2名、看護学科2年1名、看護専門学校1名と宮崎大学医学部学生4名が一緒に参加した。3日間高岡町にホームステイし、先生の生誕地など学祖の足跡をたどり、穆園学習会に参加し、兼寛先生が生まれ育った風土や人柄に浸りながら3日間を過ごした。
 顕彰会だよりは1月1日に発行され、今年の記事は、平成30年4月、「高木兼寛を偲ぶ会」での青山墓地清掃。8月、慈恵医大や高木兼寛先生ゆかりの地を視察する特別大使の派遣(宮崎市高木兼寛顕彰事業の一環として)。9月、生誕地での高木兼寛生誕祭。10月、慈大学生の「穆園先生ふるさとの旅」。11月には兼寛先生ゆかりの地を歩く「ビタミン街道歩こう会」。そして、先生と関わりのあった穆園人物記(今年は渋沢栄一と兼寛)。また最後のページには高木兼寛先生の略歴が年代と年齢で書かれており、先生の足跡を容易にたどることができるなど盛り沢山の内容である。
 高木兼寛顕彰会では会員募集をしており、賛同される方は募集内容を参照し、入会してください。(穎川)

【募集内容】
会員を一般会員と賛助会員に分けて募集しています。
■一般会員
顕彰会の目的に賛同される個人で、事業企画・運営などに参画可能な方
会費……年間1,000円
■賛助会員
顕彰会の目的に賛同される個人または法人で、遠隔地その他の理由で、会合の出席やイベント運営などの事業参画が不可能な方(事業の企画・運営などについてのご意見やご要望は積極的にお寄せください。)
 会費……個人会員 年間一口1,000円
     法人会員 年間一口5,000円
 *会費納入方法につきましては、別途ご連絡します。
 *個人会員においては、終身会費制度(2万円)があります。

【申込方法】
入会ご希望の方は、郵送またはFAXで、「高木兼寛顕彰会」までお申込みください。
宛先 〒880―2222 宮崎市高岡町五町363番地3
高木兼寛顕彰会事務局 TEL・FAX 0985―89―2070










copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.