社団法人東京慈恵会医科大学 同窓会

 
会長挨拶
同窓会概要
同窓会の歴史
定款
同窓会振興基金
個人情報保護・管理
広報委員会規程
同窓会現況
管理部門報告
事業部門報告
お知らせ
通常総会
定期支部長会議
役員紹介
本部より
年間行事予定
会費/広報
住所変更届
連絡先・アクセスマップ



トップページ

同窓会トップ > 最新情報

最新情報
 
2019年11月25日 私立医科大学協会研究倫理
委員会の調査による現状
薬理学講座 籾山俊彦


 今回、私立医科大学協会研究倫理委員会により、29私立医科大学・医学部に対して、臨床研究法の存在、内容、キーワードの認識の程度についてアンケート調査を行なった。各大学において、基礎系教員、基礎系大学院生、臨床系教員、臨床系大学院生の4つのグループ(各グループ最低2人)を調査対象とした。質問内容は以下の 臭Δ任△蝓結果の概要を示す。
 [彎恩Φ翹,箸いλ[Г砲弔い��基礎、臨床ともに教員に比して大学院生の認識が低い。
◆\嫻じΦ羲坩綮佞よび研究分担者医師について��いずれの層もある程度知っている。基礎系大学院生の知識は少ない。
 特定臨床研究実施の手続きについて��基礎系大学院生の認識が低い。
ぁ仝Φ羸嫻ぜ坩綮佞研究計画書に記載しなければならない項目について��臨床系教員、大学院生はかなり知識がある。
ァ〕益相反管理計画について��いずれの層もある程度知っている。
Α[彎恩Φ罎亡悗垢觧餠眥鷆,砲弔い��全般的に認識の程度が低い。
 いずれも基礎系の教員、大学院生の認識、知識の程度は臨床系の教員、大学院生に比して低いといえるが、基礎系教員は予想より良く認識しているという印象を得た。これは、臨床系講座との共同研究、とりわけ臨床系の大学院生の学位指導のため、他人ごとではない、という意識の表れと考えられる。










copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.