社団法人東京慈恵会医科大学 同窓会

 
会長挨拶
同窓会概要
同窓会の歴史
定款
同窓会振興基金
個人情報保護・管理
広報委員会規程
同窓会現況
管理部門報告
事業部門報告
お知らせ
通常総会
定期支部長会議
役員紹介
本部より
年間行事予定
会費/広報
住所変更届
連絡先・アクセスマップ



トップページ

同窓会トップ > 最新情報

最新情報
 
2019年11月25日 臨床研究法施行後の臨床研究を取り巻く昨今の状況
臨床研究支援センター 保野慎治


 臨床研究は、臨床的意義のある研究仮説、科学的・倫理的妥当性、データの信頼性、実施可能性を担保することを基本とし、関連する法令・指針を遵守し実施する必要がある。2018年4月に臨床研究法が施行され、研究者は治験に近いレベルでの実施が求められることになった。法への対応が主な議論の対象となっているが、法や指針を遵守することは臨床研究実施の必要条件であるが十分条件ではなく、研究内容そのものが重要であることに変わりはない。臨床研究を取り巻く状況としては、‘本医療研究開発機構(AMED)の設立など国の体制整備、∋愎鵬訂や法の整備、N彎恩Φ翆羈防賊,箸い辰晋Φ羲損楝寮の基盤整備、ぅ螢▲襯錙璽襯疋如璽燭陵活用推進、グ緡妬野以外も含めた技術の進歩が挙げられる。
 本講演では,鮴擇蠍に、AMEDの次期5ヵ年の基本方針となる医療分野研究開発推進計画の作成に向けた動き、その資料となったJST研究開発戦略センター作成の「研究開発の俯瞰報告書��ライフサイエンス・臨床医学分野(2019年)」、統合イノベーション戦略に基づき昨年設置された統合イノベーション戦略推進会議および統合イノベーション戦略2019を紹介し、国が注目する健康医療分野の研究開発項目について説明した。研究を取り巻く状況は複雑化しており、それらにどう対応し(対応しないも含め)研究を推進して行くかの判断を研究者は求められている。










copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.