社団法人東京慈恵会医科大学 同窓会

 
会長挨拶
同窓会概要
同窓会の歴史
定款
同窓会振興基金
個人情報保護・管理
広報委員会規程
同窓会現況
管理部門報告
事業部門報告
お知らせ
通常総会
定期支部長会議
役員紹介
本部より
年間行事予定
会費/広報
住所変更届
連絡先・アクセスマップ



トップページ

同窓会トップ > 最新情報

最新情報
 
2016年09月25日 第133回成医会総会開催
10月6日(木)・7日(金)両日開催
示説発表は大学1号館学事課前ロビー
プログラムは5面に掲載


 平成28年10月6日(木)・7日(金)の両日第133回成医会総会が大学1号館講堂(三階)で開催される。プログラムは例年の特別講演、宿題報告、シンポジウム、パネルディスカッション、一般演題(示説)に学外研究員の成果報告を加えて構成されている。
 第1日の特別講演は 崕朶調鐚栖気砲ける神経体液性因子の検討」吉村道博教授(循環器内科)〔座長:谷口郁夫教授〕、◆峽估蓋磁気刺激の効果」安保雅博教授(リハビリテーション医学講座)〔座長:米本恭三名誉教授〕。シンポジウムは医療における国際化が加速している現状を踏まえ「医療におけるグローバリゼーション―「守り」から「攻め」に転じる国際医療―」を取り上げた。司会は松浦知和教授(臨床医学講座)、南沢亨教授(細胞生理学講座)。 屮リンピックにおける公衆衛生:病院は何を備えるべきか」越智小枝内科診療科長(相馬中央病院)。◆屮肇薀戰襯瓮妊スンのススメ」濱田篤郎教授(東京医科大学病院 渡航者医療センター)。「内視鏡先進国日本における、国産技術機器開発の海外展開へ向けた現況と展望」炭山和毅教授(内視鏡科)。ぁ岼緡鼎旅餾櫺修鉾爾国内医療機関の課題と対応について」遠藤弘良教授(聖路加国際大学 臨床疫学センター)。α躪臚は澄雰攷付き)。
 第2日は学外研究員の成果報告「動脈瘤形成におけるマイクロRNAの制御」香山洋介助教(循環器内科)。宿題報告は 嵒毀仮匹凌巴任伴N邸廾貌M龍擬(精神医学講座)。◆嵬髪岷答によって誘導される腸管粘膜バリアー機能〜寄生虫感染による解析〜」石渡賢治准教授(熱帯医学講座)。「人を診る高血圧診療」関晋吾准教授(循環器内科)。ぁ崘招賣シンチグラフィ123I-iomazenilベンゾジアゼピン受容体シンチグラフィを用いた小児発達的変化」内山眞幸准教授(放射線医学講座)。
 パネルディスカッションは「どうなる新専門医制度―その概要と慈恵医大におけるプログラム―」を取り上げた。司会は橋本和弘教授(心臓外科学講座)、井田博幸教授(小児科学講座)。 崟賁膂綫度の歴史と現状」井田博幸教授(小児科学講座)。◆崙皺淵廛蹈哀薀爐砲弔い董弃都宮一典教授(内科学講座統括責任者)。「外科プログラムについて」矢野文章講師(外科学講座)。ぁ崑荵杏賊〜躪膺芭点賁膰修プログラム」平本淳准教授(附属第三病院総合診療研修センター)。ァ屮汽屮好撻轡礇螢謄専門医の概要」橋本和弘教授(心臓外科学講座)。Α峺修医からの提言」正古悠一先生(臨床研修医2年目)。Я躪臚は澄(注:終了後4階学生ホールにて懇親会開催)。
 一般演題(示説)は両日大学1号館学事課前ロビーにて展示される。基礎系、臨床系だけではなく学生、パラメディカルスタッフからの発表がなされる(上位三示説には成医会会長より優秀賞が授与される)。得られるものが多い成医会である。多くの方々(学生を含む)の積極的な参加をお願いしたい。
 (成医会運営委員長 中川秀己記)










copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.