社団法人東京慈恵会医科大学 同窓会

 
会長挨拶
同窓会概要
同窓会の歴史
定款
同窓会振興基金
個人情報保護・管理
広報委員会規程
同窓会現況
管理部門報告
事業部門報告
お知らせ
通常総会
定期支部長会議
役員紹介
本部より
年間行事予定
会費/広報
住所変更届
連絡先・アクセスマップ



トップページ

同窓会トップ > 最新情報

最新情報
 
2016年11月25日 パネルディスカッション2
内科プログラムについて
内科学講座総括責任者
宇都宮 一典


 本学の専門修得コース(後期研修)は、平成16年、臨床研修(初期研修)の義務化に並行し、専門医教育の質の担保への社会的要請を見据え、本学独自のシステムとして全国の大学病院に先駆けて設置された。当初から、内科では一年次には直入局はせず、1年間は共通カリキュラムとして内科全般をローテートし、2年次に内科認定医取得後からsubspecialty研修に入り、一年間は学外の教育認定施設で行うとしてきた。
 今般の新内科研修プログラムでは、研修は基幹施設と連携施設からなる病院群を形成すること、3年間の研修期間のうち、subspecialty研修は1年以内とし、定員を設定することなどが条件とされ、昨年の夏からその対策を検討してきた。
 様々な情報が飛び交い、混迷を極めたが、昨年12月末、内科学会からモデルプログラムが突然公表され、本年3月までに申請書を提出するよう求められた。正月を返上してプログラム作成に取り組み、本院を基幹施設とし、分院をはじめ、国立がん研究センター中央病院など20を超える連携施設から成る大病院群を背景に、本学が目指す内科医を育成するためのカリキュラム策定に腐心し、膨大なデータを添えて、提出することができた。6月に第1次審査結果の通達があり、定員50を含め、ほぼ全面的に承認された。その後、実施は先延ばしとなったが、本学の現行の内科プログラムの主旨は、大幅に変更する必要はないと考えている。










copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.