東京慈恵会医科大学同窓会 同窓会

 
会長挨拶
同窓会概要
同窓会の歴史
会則
同窓会振興資金
個人情報保護・管理
広報委員会規程
同窓会現況
報告
事業計画
報告・お知らせ
通常総会
定期支部長会議
役員紹介
本部より
年間行事予定
会費/広報
住所変更届
連絡先・アクセスマップ



トップページ

同窓会トップ > 活動状況

同窓会現況 〜管理部門報告〜
管理部門
1.総 務
1)会議開催状況
 
(1) 通常総会  1回
(2) 臨時総会 1回
(3) 評議員会 1回
(4) 臨時評議員会 1回
(5) 理事会 10回
(6) 委員会  
振興基金委員会 2回
広報委員会 12回

女性委員会 

2回
法人移行問題検討委員会 5回
(7) 卒年幹事連絡会 1回
  2)東京慈恵会医科大学創立130年記念事業募金活動の推進
  3)叙勲者へ記念品贈呈(2名)
  4)日医最高優功賞へ記念品贈呈(2名)
  5) 成績優秀卒業生へ同窓会賞(医学科・看護学科各1名)、卒業生へ記念品贈呈
    (医学科97名・看護学科42名)
  6)東日本大震災に対する対応・検討
2.会員管理
1)会員の状況(平成23年卒まで)
 
(1) 卒業生総数 医学科 12,871名
    看護学科 520名
(2) 平成23年3月末卒業入会者 医学科 97名
    看護学科 40名
(3) 会員数(平成23年4月1日現在)
 
正会員 6,692名 (医学科6,178名、看護学科514名)
特別会員 108名  
準会員  1,051名  
(4) 会費納入会員数 5,807名 (平成22年度)
(5) 会費減免者総数 33名  
(6) 物故会員  122名  
  ※平成23年3月31日までに逝去され、5月7日までに新たに事務局に連絡があった会員
  2)会員名簿の整備・発行
3.組織管理
1)顧問、役員、評議員
  顧問8名、会長1名、副会長2名、理事12名、監事2名、評議員50名
  2)本部役員の支部への派遣(特に遠隔地を中心に)
  3)卒年幹事連絡会の開催(平成23年3月5日(土)第3回を開催)
4.財 務

特記事項なし

事業部門
1.広 報
1)機関紙・慈大新聞を毎月1回発行した。
  2)同窓会ホームページの更新を3回行った。
2.振興基金
1)振興基金残高・寄附金・利息
 
(1) 平成23年3月末現在残高 232,412,363円
(2) 平成22年度実績 21件 1,130,000円
(3) 同窓会支部・クラス会・同門会からの大口寄附金
 
中野支部 200,000円
(4) 利息 1,047,560円
  2)大学より推薦のあった海外派遣候補者10名に合計200万円を助成した。
  3)生涯学習センターに運営費の一部として、20万円を助成した。
  4) 生涯学習シリーズの印刷代を支給し、慈大新聞に折り込み同窓に配布した。
3.企 画
 

4.学 術
1)各支部への講師派遣と支部学術講演会の開催
    福島、新潟、群馬、長野、栃木、品川、渋谷、目黒、港、杉並、中野、板橋、北、葛飾、調布、武蔵野、南多摩、北多摩(2回)、埼玉、埼玉(西部地区)、神奈川横浜、神奈川横須賀・三浦、神奈川県連、福井、山梨、静岡、愛知、大阪、京滋奈、兵庫、島根、福岡
東北ブロック(青森、岩手、宮城、秋田、山形内陸、山形荘内、福島)
江東ブロック(墨田、江東、荒川、足立、葛飾、江戸川)
常総同窓会(広域同窓会:千葉東葛、千葉葛南、千葉房総、茨城)
  2)第31回夏季セミナーの共催(共催・大学生涯学習センター)
  3)附属病院主催の市民公開講座等の開催
85周年記念事業
標語「ともに歩む慈恵」
1.同窓会記念行事
1)設立85周年記念女性シンポジウム
  平成22年9月18日(土)開催
  2)設立85周年記念 第64回定期支部長会議
    平成22年10 月 2日(土)開催
「同窓会設立85周年記念特別表彰」松田誠名誉教授
  3)追加行事
    平成23年 2月19日(土) 臨時総会
特別講演 大木隆生外科学教授
海外優秀論文表彰 望月正武客員教授 並木禎尚講師
2.大学・同窓会合同記念行事 平成22年10月 2日(土)
  1)大学創立130年・同窓会設立85周年合同記念式典
    記念講演  阿部志郎氏
  2)大学創立130年・同窓会設立85周年合同記念祝賀会
記念事業
  1)既刊慈大新聞のDVD-ROM 収録版及び印刷製本版の制作
  2)大学創立130年記念事業への協力


過去の庶務報告
平成21年度 庶務報告
平成20年度 庶務報告
平成19年度 庶務報告
平成18年度 庶務報告
平成17年度 庶務報告
平成16年度 庶務報告
平成15年度 庶務報告








top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.