トップページ

東京慈恵医科大学同窓会

最新情報


2021年09月25日 第138回成医会総会プログラム

 シンポジウム「コロナからただでは起きない」は初日10月7日(木)に竹森重教授(分子生理学講座)、繁田雅弘教授(精神医学講座)の司会でとり行われる。パネルディスカッションは2日目10月8日(金)の予定であり「慈恵医大における産学連携・大学発ベンチャー」のテーマで桑野和善教授(内科学講座呼吸器内科)、上園晶一教授(麻酔科学講座)が進行を担当する。一部演者は外部講師を招聘し、いずれもZoomによる講演、eラーニングでの配信を予定している。
 特別講演(eラーニング)は2題、(1)松浦知和教授(臨床検査医学講座)、「急性肝不全の診断と治療―バイオ人工肝臓の開発研究から―」、(2)南沢享教授(細胞生理学講座)、「動脈管閉鎖の分子機序」とした。また、宿題報告(eラーニング)として4題、(1)宮田久嗣教授(精神医学講座)「依存症治療の新たな展開―アルコール、スマホからステイ・ホーム下のDV(家庭内暴力)まではまる行動と脳内報酬系―」、(2)須江洋成教授(臨床検査医学講座)「意識障害を考える―脳波をからめて―」、(3)三森教雄教授(消化管外科)「胃癌治療の変遷」、(4)小川匡市准教授(消化管外科)「大腸癌診療の歩み」を予定している。さらには学外研究員の成果報告(eラーニング)として2題、(1)野田健太郎助教(リウマチ・膠原病内科)「関節炎におけるプロキネチシン2の役割の解明」、(2)井上天宏助教(細胞生理学講座)「Johns Hopkins大学留学記〜新たな生体材料の開発を目指して〜」を予定した。示説発表は計51題、これも例年どおり大学1号館1階ロビーで行われ、10月7日(木)〜8日(金)の両日、掲示される。こちらは感染対策もあり、質疑応答は予定していない。
 本会が会員の皆様の期待にそえるものになることを祈念するとともに是非、ご感想などお寄せ頂ければ幸いである。
(成医会運営委員長 頴川 晋)

成医会総会視聴方法

 第138回成医会総会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、例年の開催方式とは異なります。
 視聴方法は、次のとおりですので、お知らせいたします。
《学外の方》
 希望者に対し、ご自身のパソコンで視聴可能なDVDを配布いたします。
 ご希望の方は、10月15日(金)までに成医会事務局(総務課)まで、メール又は電話でご連絡ください。
《学内の方》
 イントラネットより、eラーニングを利用して視聴できます。
 視聴方法及び視聴可能期間等は、オールユーザーメールで、お知らせいたします。
 シンポジウム及びパネルディスカッションについては、Zoomにより、同時進行で視聴することができます。
 Zoomでの参加をご希望の方は、成医会事務局(総務課)まで、メールでご連絡ください。
 なお、Zoomは参加希望者が多数の場合、制限させていただく場合がありますので、ご了承ください。
【お問合せ先】
成医会事務局(総務課)
E-mail:soumuka@jikei.ac.jp
Tel:03―3433―1111(内線2671〜2673)


一 般 演 題
(示説発表)
10月7日(木) 9:00〜17:00
10月8日(金) 9:00〜16:00

※今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から質疑応答時間を設けません。
(大学1号館1階ロビー)

10月7日(木)・8日(金)2日間

1.COVID-19流行に伴うフルタイム労働者の時間外労働と社会的交流の変化が精神的健康に及ぼす影響 〜世帯構成別の社会的孤立に着目して
 ○伴野未沙1・2、山内貴史2、須賀万智2、柳澤裕之3
 (1.医学科4年 2.環境保健医学講座 3.大学)

2.ゲノムの安定化におけるリン酸化酵素DYRK2の機能解析
 ○河村明良1・2、吉田彩舟2、吉田清嗣2
 (1.医学科5年 2.生化学講座)

3.ヒト角化細胞由来HaCaTと共培養することで引き起こされる、ヒト単球由来THP-1のアポトーシス誘導
 ○大導寺清世1、与五沢真吾2、須賀万智2、柳澤裕之2
 (1.医学科4年 2.環境保健医学講座)

4.新規抗がん剤であるプロテアソーム阻害剤は多剤耐性獲得がん細胞の克服はできない
 ○原田瑠衣1、石川杏理1、増田秀輔1、宮部竜太郎1、小山由起2、朝倉 正2
 (1.医学科4年 2.総合医科学研究センター アイソトープ実験研究施設)

5.Voxel Based meta-Analysisを用いた難聴モデル小型霊長類の脳神経変性
 ○野武幸子1・2、畑 純一1、平林源希1・3、吉丸大輔1、栗原 渉1・3、岡野ジェイムス洋尚1
 (1.総合医科学研究センター 再生医学研究部 2.医学科4年 3.耳鼻咽喉科学講座)

6.黄色ブドウ球菌における細胞壁のアセチル化は溶菌を促進する
 ○馬場有夢1・2、千葉明生2・3、小貫友暉1・2、金城雄樹2・3
 (1.医学科4年 2.細菌学講座 3.先端医学推進拠点 バイオフィルム研究センター)

7.COVID-19パンデミック下における全国および東京の死因別死亡者数変化
 ○田中英美理1、浦島充佳2
 (1.医学科3年 2.分子疫学研究部)

8.性差別などに気づくことで生じる不満への対処法の男女間差異 −混合研究法により女性医師差別の根本要因を探索する−
 ○小貫友暉1、中村真理子2
 (1.医学科4年 2.教育センター)

9.GCM2の機能を紐解く多種間比較解析
 ○眤次(罍院Γ押辰巳徳史2、庄野孝範2、岡部正隆2
 (1.医学科4年 2.解剖学講座)

10.一過性の心筋長過伸展はPKA活性化を介して弛緩速度を増大させる
 ○竹尾 真1、草刈洋一郎2、暮地本宙己3、ヌール カティージャ モフド ジーン3、南沢 享3
 (1.医学科6年 2.教育センター 3.細胞生理学講座)

11.組織学用Webアプリケーションの開発と実装
 ○久富勇太1・2、竹下康平2、岡部正隆3、村山雄一2・4
 (1.医学科4年 2.総合医科学研究センター 先端医療情報技術研究部 3.解剖学講座 4.脳神経外科学講座)

12.マルチコントラストMRIを用いた緑内障視路白質微細構造の検討
 ○小川俊平1、竹村浩昌2・3、堀口浩史1、宮崎 淳4、松元健二5、増田洋一郎1、吉川啓司1・6、中野 匡1
 (1.眼科学講座 2.情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター(CiNet) 3.大阪大学大学院生命機能研究科 4.早稲田大学グローバル エデュケーションセンター 5.玉川大学脳科学研究所 6.吉川眼科)

13.アトピー性皮膚炎患者のシクロスポリン投与による睡眠改善効果の客観的検討
 ○安田健一1、石氏陽三1、遠藤拓郎2、谷戸克己3、上出良一4、延山嘉眞1、朝比奈昭彦1
 (1.皮膚科学講座 2.スリープクリニック調布 3.佃リバーシティ皮膚科 4.ひふのクリニック人形町)

14.高齢者女性における血小板、赤血球、比較的優位
 ○今泉忠芳
 (御津医科学研究所)

15.人間ドック受診者の主観的健康感の特徴と関連する要因
 ○和田高士1、加藤智弘2、横山啓太郎3
 (1.大学院健康科学 2.総合健診・予防医学センター 3.晴海トリトンクリニック)

16.自己免疫性膵炎と膵癌との鑑別におけるMRI画像のテクスチャ解析の有用性評価
 ○白石めぐみ、五十嵐隆朗、藤岡大晃、大栄莉佳、大木一剛、尾尻博也
 (放射線医学講座)

17.異種動物の腎発生機構を利用した腎間質とネフロンの再生への挑戦
 ○齊藤弥積1、山中修一郎1、松井賢治1、松本直人1、高村 毅1、藤本俊成1、田尻 進1、松本 啓1、小林英司2、横尾 隆1
 (1.腎臓・高血圧内科 2.産学連携講座 腎臓再生医学講座)

18.治癒を目指した治療を行った少数転移乳癌の長期予後
 ○永崎栄次郎1、田村美宝1、林 和美1、宇和川匡1、木嶋良和2、野木裕子3、武山 浩3、西川正子4、矢野真吾1
 (1.腫瘍・血液内科 2.放射線医学講座 3.乳腺・内分泌外科 4.臨床研究支援センター)

19.3D画像を用いた鼻中隔外鼻形成術を行った軟骨性斜鼻の術後評価
 ○川端優也1・2、積山真也1・2、森山 壮1・2、宮野千草1・2、宮脇剛司1・2
 (1.形成外科学講座 2.鼻中隔外鼻クリニック)

20.子宮内膜上皮及び間質による子宮内膜再生
 ○横溝 陵1・2・3、藤木由貴子2、岸上遥映2、岸 裕司1、清野 透4、中山早苗2、左合治彦3、岡本愛光1、梅澤明弘2
 (1.産婦人科学講座 2.国立成育医療研究センター研究所 再生医療センター細胞医療研究部 3.国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター 4.国立がん研究センター先端医療開発センター HPV関連がん予防・治療プロジェクト)

21.「ういケアみなと」の中間評価と今後の展望について
 ○竹下 保1、南塚 恵1、大野道子1、市川惠子1、小沼重幸1、高柳くみ子1、木村さとみ2、中島 朋2、高橋 都1
 (1.港区立がん在宅緩和ケア支援センター ういケアみなと 2.患者支援・医療連携センター)

22.術前骨格筋量は下咽頭癌切除再建手術後の嚥下機能の規定因子である
 ○兒玉浩希、岸 慶太、オルグンドルック、平山晴之、石田勝大、宮脇剛司
 (形成外科学講座)

23.病原体媒介蚊の吸血を正・負に制御する宿主血液成分の同定
 ○佐久間知佐子1・2、岩本武夫3、嘉糠洋陸1・2
 (1.熱帯医学講座 2.先端医学推進拠点 衛生動物学研究センター 3.総合医科学研究センター 基盤研究施設)

24.慈恵大学8施設協働新人看護師・助産師移行期支援プロジェクトの紹介 −附属病院看護管理者・看護教員を対象としたアンケート結果より−
 ○高橋 衣1、中尾みさ子8、佐藤紀子1、高橋則子9、玉上淳子3、福田美和子1、山下真裕子1、小嶌順子2、鈴木由香3、朝倉真奈美4、高橋明子4、和田美恵5、佐藤千恵子6、那須詠子7、高橋真喜8
 (1.看護学科 2.附属病院 看護部 3.葛飾医療センター 看護部 4.附属第三病院 看護部 5.附属柏病院 看護部 6.慈恵看護専門学校 7.慈恵第三看護専門学校 8.慈恵柏看護専門学校 9.教育センター 看護キャリアサポート部門)

25.慢性閉塞性肺疾患(COPD)合併サルコペニア発症へのParkin介在性マイトファジーの関与
 ○伊藤晶彦1、橋本典生1、谷端 淳2、松林沙知1、佐々木諒子1、藤本祥太1、川本浩徳1、渡邉直昭1、門田 宰1、藤田 雄1、伊藤三郎1、竹越大輔1、皆川俊介1、沼田尊功1、原 弘道1、松岡竜輝3、宇高 潤3、荒屋 潤1、斎藤 充3、桑野和善1
 (1.呼吸器内科 2.細胞生理学講座 宇宙航空医学研究室 3.整形外科学講座)

26.高齢者心房細動患者に対する直接型経口抗凝固薬とビタミンK拮抗薬の比較:メタ解析
 ○志賀 剛1、橋口正行2、城戸和彦3、清水美貴子4
 (1.臨床薬理学講座 2.慶應義塾大学薬学部医薬品情報学 3.ウエストバージニア大学薬学部臨床薬学 4.就実大学薬学部薬学科薬物動態学研究室)

27.社会的階層−血糖制御連関を司る生物学的・脳科学的機構の解明
 ○浮地里佳子1・2、高橋由香里2、杉村弥恵2、的場圭一郎1、加藤総夫2、西村理明1
 (1.糖尿病・代謝・内分泌内科 2.総合医学研究センター 神経科学研究部)

28.嗅球に潜伏感染したヒトヘルペスウイルス6の炎症誘導作用
 ○岡 直美、小林伸行、嶋田和也、石井 梓、近藤一博
 (ウイルス学講座)

29.当院で経験した新型コロナウイルス感染症の後方視的検討 −ダイヤモンド・プリンセス号から第三波まで−
 ○宮本智美1、澤木賢司1、坂本洋平1、宮島真希子1、李 広烈1、中拂一彦1、保科斉生1、美島路恵2、堀野哲也1、中澤 靖1、吉田正樹1
 (1.感染制御科 2.感染対策部)

30.壊死性筋膜炎における血液パラメータの前臨界異常
 ○福田将大、延山嘉眞、朝比奈昭彦
 (皮膚科学講座)

31.一次性巣状分節性糸球体硬化症コロンビア分類を構成する各病変の臨床病理学的検証:日本人成人の横断的後ろ向き研究
 ○坂口涼子1、宮崎陽一2、上田裕之2、川村哲也2、小此木英男2、坪井伸夫2、横尾 隆2、城 謙輔1、下田将之1
 (1.病理学講座 2.腎臓・高血圧内科)

32.小児側弯症手術に対する日本初の安心安全な手術法の開発 −ハイブリッド手術室で行うナビゲーション・仮想現実(VR)併用手術−
 ○勝見俊介、篠原 光、有村大吾、小幡新太郎、池上 拓、斎藤 充
 (整形外科学講座)

33.東京慈恵会医科大学附属病院における保険請求の現状と改善点の検討
 ○石田祐一、森田葉子、鈴木紀子、鳥海弥寿雄
 (医療保険指導室)

34.遺伝子promoter領域の脱メチル化によるthymidine phosphorylase発現レベルの変動が大腸癌のフッ化ピリミジン系薬剤感受性に与える影響
 ○小山能徹、長田恵梨香、秋山暢丈、馬目佳信
 (総合医科学研究センター 基盤研究施設)

35.大気圧走査電子顕微鏡(ASEM)による水溶液中の組織イメージング
 ○山澤志子1、立花利公2、佐藤主税3
 (1.分子生理学講座 2.総合医科学研究センター 基盤研究施設 3.産業技術総合研究所(AIST))

36.「家庭医療ブラッシュアッププログラム」受講により、受講者の周囲スタッフに生じた変化に関する質的検討
 ○関 正康1、藤沼康樹2、松島雅人3、常喜達裕1、小此木英男4、三浦靖彦1、大野岩男1、平本 淳1
 (1.総合診療内科 2.日本医療福祉生協連合会 家庭医療学開発センター 3.総合医科学研究センター 臨床疫学研究部 4.腎臓・高血圧内科)

37.看護師・患者関係におけるシナジーの概念分析
 ○坂木孝輔1、中村美鈴2
 (1.大学院医学研究科看護学専攻博士後期課程 2.看護学科)

38.集中治療室におけるエンドオブライフケアの概念分析
 ○榊 由里1、中村美鈴2
 (1.大学院医学研究科看護学専攻博士後期課程 2.看護学科)

39.当院における医療安全文化調査の結果報告
 ○楠本靖幸1、瀧浪將典2、大城戸一郎1、小菅 誠1、田村宏美1、佐藤 恵1、有賀庸代1、廣瀬俊昭1、影井淳子1、石垣秀城1
 (1.医療安全推進部 2.医療安全管理部門)

40.心房細動患者において各種カテーテルアブレーションデバイスを用いた肺静脈隔離術が術後心筋逸脱酵素及び炎症反応に与える影響
 ○横山正明1、山下省吾1、佐藤秀範2、大瀬戸宏綱1、徳竹賢一1、横山賢一1、加藤美香1、鳴井亮介1、谷川真一2、徳田道史2、宮永 哲1、杉本健一2、山根禎一1、吉村道博1
 (1.循環器内科 2.葛飾医療センター 循環器内科)

41.造血幹細胞を標的としたレンチウイルスベクターを用いたGM1ガングリオシドーシスの遺伝子治療法の開発
 ○角皆季樹1・2、大橋十也6、嶋田洋太2、樋口 孝2、木村文香3、松島小貴2、渡部文子4、加藤総夫5、小林博司1・2
 (1.小児科学講座 2.総合医科学研究センター 遺伝子治療研究部 3.大阪精神医療センター こころの科学 リサーチセンター 認知症ユニット 4.総合医科学研究センター 臨床医学研究所 5.総合医科学研究センター 神経科学研究部 6.看護学科健康科学疾病治療学)

42.Ca2+を介した高次構造形成は、ヘテロ二量体アミノ酸トランスポーター b0,+AT-rBATの生合成において重要なステップである
 ○ウィリヤサムクン パッタマ1、李 勇燦2、クーブラント ヴァーナー2、永森收志1
 (1.臨床検査医学講座 2.Department of Structural Biology,Max Planck Institute of Biophysics, Germany)

43.MECP2遺伝子欠失を伴うRett症候群モデルにおける全脳神経接続の新たな特徴の定義
 ○吉丸大輔1、畑 純一1、平林源希2、岡野ジェイムス洋尚1
 (1.総合医科学研究センター 再生医学研究部 2.耳鼻咽喉科学講座)

44.COVID-19に対するリハビリテーション科の取り組み
 ○芳賀直人1、平野健大1、藤井有沙1、木山 厚1、来住野健二1、保木本崇弘1、中山恭秀1・2
 (1.リハビリテーション科 2.リハビリテーション医学講座)

45.栄養学的知見に基づくマラリア制御の可能性
 ○齊木選射1、長尾健児2、石上盛敏3、福本晋也4、クルドゥスッドゥ スリヴィッチャ5、櫻井達也1、坂内 慎2、狩野繁之3、嘉糠洋陸1・6
 (1.総合医科学研究センター 実験動物研究施設 実験動物研究室 2.味の素株式会社 イノベーション研究所 3.国立国際医療センター研究所 熱帯医学マラリア研究部 4.帯広畜産大学 原虫病研究センター 5.マヒドン大学 熱帯医学部 6.熱帯医学講座)

46.マクロファージのコレステロール輸送に対するDHAの影響
 ○田島彩沙1・2、A. Catharine Ross2
 (1.分子生物学講座 2.ペンシルベニア州立大学 栄養学部)

47.GWASによる自己免疫性肺胞蛋白症の感受性遺伝子としてのHLA-DRB1の同定
 ○廣田朝光1、玉利真由美1、坂上沙央里2、岡田随象2、山口悦郎3、中田 光4
 (1.総合医科学研究センター 分子遺伝学研究部 2.大阪大学大学院医学系研究科 遺伝統計学 3.愛知医科大学医学部呼吸器・アレルギー内科 4.新潟大学医歯学総合病院 高度医療開発センター)

48.心臓弁形態形成における心内膜由来組織定住型マクロファージの意義と分子制御機構
 ○劉 孟佳1、多田 祈2、中江隆充3、南沢 享1、中野 敦1・4
 (1.細胞生理学講座 2.医学科3年 3.医学科2年 4.分子・細胞・発生生物学/循環器内科、カリフォルニア大学ロサンゼルス校)

49.心房特異的Pitx2c過剰発現はカルシウム調節異常により上室不整脈を増加させる
 ○馬場俊輔1・2、赤池 徹2、暮地本宙生2、新庄聡子3、南沢 享2、大石公彦1
 (1.小児科学講座 2.細胞生理学講座 3.パドバ大学 生物学講座)

50.「感染症医療人材養成事業」におけるシミュレーション教育の展開
 ○万代康弘1、挾間しのぶ2、宮道亮輔1、佐藤浩之1、大瀧佑平1、武田 聡1
 (1.救急医学講座 2.教育センター)

51.当センターの人間ドックにおいて検出しえなかった膵癌一症例
 ○三間康之、伊藤恭子、湯川豊一、小林寛子、中田正裕、宇都宮一典、加藤智弘
 (総合健診・予防医学センター 新橋健診センター)

top