トップページ

東京慈恵医科大学同窓会

最新情報


2022年08月25日 田尻久雄名誉教授
世界内視鏡学会(WEO)理事長に就任


 令和4年5月5日より、田尻久雄名誉教授が世界内視鏡学会(Wor-ld Endoscopy Or-ganization : WEO)理事長に就任された。WEOの50年以上に及ぶ歴史で日本人として4人目であり、本学としては大変名誉なことである。初代理事長には、東京大学の田坂定孝教授(初代の日本消化器内視鏡学会理事長)が就任された。その後、日本人としては東京大学出身の田隆夫先生(1990年から1994年)、丹羽寛文先生(2002年から2005年)が務められた。田尻久雄名誉教授は、2019年1月のアジア太平洋消化器内視鏡学会役員選挙でWEO理事長に推薦され、2019年5月のWEO役員会議で正式に承認された。2020年3月からWEO President electとなって実際の活動をされている。
 単独で開催されるWEOの第1回大会(ENDO 2017)は、2017年2月にインド・ハイデラバードで開催された。また、第3回 WEO(ENDO 2022)は、南米コロンビアのFabian Emura先生が理事長として日本消化器内視鏡学会の協力と支援で、自分の第2の故郷(祖先のルーツ)である日本(京都)で5月13日から15日にハイブリッド形式で行われた。田尻名誉教授は、Co-Presidentとして実質的な学会運営にご尽力され、この国際学会を成功に導かれた。
 WEOは、アジア太平洋消化器内視鏡学会、欧州消化器内視鏡学会、米国・中南米消化器内視鏡学会ならびに各国の学会と緊密に連携をとりながら、世界的な観点で内視鏡教育の推進、安全で質の高い内視鏡診療を目指した白書・ガイドラインの策定、世界的なネットワークを活用した国際的な学術研究活動を行っている。田尻名誉教授の強いリーダーシップのもとで世界の内視鏡医学・医療がさらに発展していくことを期待している。
(炭山和毅記)

top