トップページ

東京慈恵医科大学同窓会

最新情報


2023年10月25日 コロナウイルス感染対策への貢献について東京都より
地域看護学 嶋澤順子教授が表彰


 JANPセンター(地域連携看護学実践研究センター)では、コロナウイルス感染対策として、院内だけでなく院外に向けた支援を実施した。保健所への支援としては、保健所の応援依頼に伴い、令和3年8月〜9月(第5波)の期間中、多摩立川保健所において6名の看護学科教員と専攻科大学院生が延べ23回疫学調査の支援を行った。この度その中心となった、地域看護学嶋澤順子教授が東京都から表彰された。7月26日に多摩立川保健所の長嶺路子所長、同保健所地域保健推進担当課長の山科美絵保健師が来校され授与された。表彰の際には、長嶺所長から、これまでの第1波〜第7波までの経緯を振り返りつつ、看護学科教員と専攻科大学院生の協力についての感謝の言葉が述べられた。また、東京慈恵会医科大学附属病院・東京慈恵会医科大学附属第三病院の支援に対する感謝についてもお話があった。
(盒供^甬)

top